この本をオススメします。「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」

Pocket

わかばちゃんと学ぶGit使い方入門の表紙

GitHubってなんかどこかで聞いたことある方もいらっしゃるかと思います。

ブラウザへのアップロード・及びテストプレイの仕方【解決済】—ツクマテ Tkool Materials

ツクールMV製ゲームをGit Hubで管理/公開する方法—RPGツクールMVでアプリリリースを目指す開発室

上記リンクでは、自作ゲームをブラウザにアップロードする方法の一つとして、GitHub Pagesが紹介されています。これは、GitHubが提供するWebページ公開サービスです。導入までが難しいですが、無料で、Webページ公開ができるということが魅力としてあげられています。

ふむふむ、ということで結局GitHubってなんなんだっけ?という答えを探す旅にでて(本屋さんに行きました)一番わかりやすそうな本がこちらでした。そして実際わかりやすかったです。なによりとっつきやすいです。わかばちゃんかわいいですし。

Gitとは?Gitでなにができるの?

SourceTreeを使いながらGitを運用している画面

わたしたちはツクールMVでゲームをつくっています。このとき、バージョン管理、難しくないですか?どっちが新しいフォルダだったっけ?みたいなこと、あ~いったんこのような形にしたけど元に戻した~い!ということありませんか?

しかし、もう大丈夫です。Gitによりバージョン管理が直感的になりますよ。

まずは普通にゲームをつくります。いったん保存します。その後、ゲームを修正した場合、Gitのシステムが差分を把握します。そして、「なにかつけ加わりましたけど、本流にくっつけますか?」とGitがきいてくれるという感じです。

ここで飛行石イベント追加とか、画面シェイクとゆっくり暗転追加とか、とりあえず自分はわかる変更内容メモを書きます。Gitは、わたしの感覚では、ゲーム制作の途中に栞(しおり)をはさみこんでいくといったものです。

そしてなんといってもスゴいのは、Gitがあると、好きな時点で、どの時点にも戻れるというところです。

GitとGitHubはどう違うの?

Gitを運用しているSourceTreeの画面です。

ここはひとまず結論だけ。

Gitは、差分を把握するシステムです。「なにか新しいデータがつけ加わりました~」ということをGitが把握していきます。「コミットされていない変更があります」というお知らせが、新しいデータがつけ加わりましたというお知らせです。

GitHubは、GitのシステムをつかったWebサービスです。複数人での開発にチカラを発揮します。今回は、こちらGitHubは導入せずに、Bitbucketという同じようなサービスを導入します。

また、Gitを直感的につかえるようにするための画面として、SourceTreeというものがあります。これもあわせて導入します。うえの写真は、画面はSourceTreeの画面です。SourceTreeの画面でGitを運用しているという感じです。

Gitと、GitHub(Bitbucket)と、SourceTreeは無料ですか?

はい。無料です。こんなに便利なものが無料で提供されているんですね!ぜひとも導入をご検討ください。

そのときの副読本に「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」をオススメするのですが、このような技術書は、Kindle電子書籍よりも、本のほうが良いかと思います。

非プログラマー、RPGツクールMVの初心者でも大丈夫でしょうか?

はい。非プログラマーでかつRPGツクールMVの初心者であるサイト管理人が、実際に使用して(まだ期間は短いですが)自信をもってオススメします。

ゲーム開発になかなか時間がとれない方にとっては、進捗の把握と、もう少し感覚的には、少しずつでも制作が進んでいるという自分への自信につながるのではないかと思います。


トップページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です